社長挨拶

少しの工夫で新しい生活シーンへ

弊社は、40数年前、「和装バッグ」の考案をきっかけに創業いたしました。当時は舗装されていない道路が多く、風呂敷の結び目がほどけて高価な着物を砂利道に落とすことが多かった女性たちに、「和装バッグ」はそれまでの悩みを一掃するアイテムとして、大いに支持されました。
「少しの工夫で新しい生活シーンへ」—これが弊社のものづくりの指針です。30数年前からは主婦モニターを投入、生活者の目線からのアイデアが「ものの売れない時代」と言われる昨今において、売り上げを伸ばす原動力の一つとなっています。
私たちの「ものづくりのアイデア」は大手メーカーさまからも信頼をいただき、商品化に大いに協力をいただいております。また、長いもので半年以上、試作を繰り返して作り上げた商品を、全国の生活協同組合さまに数多く納品させていただいております。
おもしろいもの、便利なものを提案し続ける「生活文化創造企業」として、この国のさらなる発展に寄与したいと考えております。

代表取締役社長
松岡 康博